清 水(しみず)

登場人物
召使い・主人
上演時間
約25分

流行の茶会に出す清水(=湧き水)を汲んでくるよう命じられた召使いは、気が進まないことから、清水に鬼が出て襲われたと嘘をつき、秘蔵の手桶も捨ててきたと言い訳をします。主人が自ら取り返しに行くというので、慌てた召使いは一計を案じて・・・。

些細な嘘に嘘を重ねると、といった教訓も盛り込んだ作品で、豊田市立小採用の教科書にも取り上げられていた作品です。

(注)ストーリーの進行上、「伯母ケ酒」と共通する部分を含みます。