二世井上松次郎(靖浩)

二世井上松次郎(いのうえ まつじろう)

本名/靖浩。

共同社設立時より唯一代々継続する、井上菊次郎家の五代目にあたる。

父・四世菊次郎(祐一)とともに大学までは横浜に居住、当時は故和泉元秀の下、主に東京での舞台公演を通して修業、経験を重ねてきた。

東京藝術大学音楽学部卒業で狂言を専攻、在学中は野村萬・野村万作両師の指導も受けた。

卒業後、佐藤融・野村小三郎(現又三郎)とともに「狂言なのり座」を結成。共同社の若手とは「ナディア狂言」を主宰するなど、次代を担う中堅狂言師として大いに期待されている。

また長男蒼大・長女真珠乃も舞台を踏むなど、後進の指導・育成も務める。

平成25年正月より、祖父の名跡「松次郎」と改名して活動し、平成26年には文化庁より重要無形文化財保持者認定を受ける。(同時に日本能楽会会員。)

平成29年6月に、豊田市文化奨励賞を受賞。

(公社)能楽協会名古屋支部副支部長。和泉流職分会幹事。

金城学院大学文学部非常勤講師。名進研小学校伝統文化講師。静岡文化芸術大学特別講師(非常勤)。

【生年月日】1971年(昭和46) 11月1日
【続柄】四世井上菊次郎長男
【師事】祖父・父
【初舞台】「いろは」(1979年)
【披き】奈須與市語、三番叟、翁付面箱、千歳、釣狐、金岡、花子(2007年10月)
【受賞】第10回名古屋青年会議所TARG賞文化部門賞
名古屋市民芸術祭審査員特別賞(2000年)

豊田市文化奨励賞(2017年)
【会員】(公社)能楽協会、 ANET愛知芸術文化協会
【座右の銘】日々をこなし、日々を生きる
【役職】2010年4月~ 能楽協会名古屋支部常議員。

2014年4月~  同支部副支部長。
2011年4月~ 和泉流職分会幹事。

生物多様性(COP10)関連取材記事 中日環境ネット(中日新聞社)

二世 井上松次郎 (靖浩)

二世 井上松次郎 (靖浩)

井上 靖浩(右)  狂言「首引」

井上 靖浩(右) 
狂言「首引」