5月 定例公演

右流左止 西国の塩飽藤蔵は都へ上る途中、明石の浦の茶屋に立ち寄ります。思わぬことから茶屋の女と「うるさし」という言葉をめぐり風雅な言葉争いが始まり…。
須磨源氏 光源氏が詫び住まいした須磨の浦。日向の神官・藤原興範がその旧跡を訪ねると光源氏の霊が現れ、月澄みわたる海原を背景に夜遊の舞を舞います。光源氏をシテとする唯一の能です。

開催概要

公演日 2022年5月20日(金)
開場 / 開演 / 終演 17時半開演 / 20時ころ終演予定
会場 国立能楽堂
主催 独立行政法人 日本芸術文化振興会

演目

狂言「右流左止」(うるさし) 井上松次郎/今枝 郁雄  (佐藤友彦)
能「須磨源氏」《観世》 関根 知孝/殿田 兼吉/佐藤 友彦  ほか

お問い合わせ

国立劇場チケットセンター(午前10時~午後6時)
0570-07-9900/03-3230-3000 (一部IP電話等)

 

 

 

 

チケット

料金
電話・インターネット予約=4月10日(日)午前10時より
窓口販売=4月11日(月)より

正 面=5,000円
脇正面=3,300円(学生2,300円)
中正面=3,000円(学生2,100円)