5月公演

今年度の定例公演は《能・狂言でめぐる街道の名所》シリーズとして東海道ゆかりの能楽をお届けいたします。

昨年来、人の“移動”が強く意識されています。
観光だけでなく仕事や日常生活の往来すらも、そのあり方が問われているのです。
そんな今こそ、単なる“移動”とは異なる“旅”の意味を考えてみたい・・・、

令和三年度はそんな思いを込めた企画をお届けします。

第一回目の五月公演は、題して『失望の旅・野望の旅』。

都から鎌倉に護送された旅の思いが、名所の風物とともに謡われる能 「千手」と、

一方一旗揚げようと都へ向かう遠江の者に近づく詐欺師を描く狂言「磁石」。

同じ街道を行く人の異なる胸の内を描いた二演目をどうぞ。  

開催概要

公演日 2021年5月16日(日)
開場 / 開演 / 終演 14時開演 / 16時半頃終演予定
会場 名古屋能楽堂
主催 名古屋市文化振興事業団〔名古屋能楽堂〕
共催 (公社)能楽協会 名古屋支部

演目

狂言「磁 石」 井上松次郎/鹿島 俊裕/大橋 則夫
能「千 手」《宝生》
  
衣斐  愛/内藤 飛能/橋本  宰  ほか

お問い合わせ

名古屋能楽堂/052-231-0088

チケット

料金
【全席指定】3月12日(金)より販売開始
正面A席/4200円
正面B席・中正面席・脇正面席/一般3200円・学生2000円
チケットのお取り扱い
  • 名古屋市文化振興事業団〔名古屋能楽堂ほか〕